LaragonでPHPによる動的サイトの開発環境を構築

投稿日:

WindowsVisual Studio CodeLaragonMailHogXdebugPHPによる動的サイトの開発環境を構築した際のメモ。

今まではXAMPPを使用していましたが、32 bit版しか提供されていなかったりするので、今後のことも考え、64 bit版を提供しているものに変更しようと思いました。

そこで、WampServerにしようかと思いましたが、インストーラが292.7 MBもあり、一度インストールしてしまえばファイルサイズの小さなアップデータも用意されているようですが、どうしようかなと迷っていると、インストーラが83.9 MBのLaragonが見つかりました。

Laragonのインストール

Laragonをダウンロード

Releases · leokhoa/laragon · GitHubからLatest releaseのlaragon-wamp.exeをダウンロードします。

インストーラを使用したくない場合は、laragon.7zをダウンロードしますが、Apache, memcached, ngrok, PuTTY, Redis, telnet, WinSCP, phpRedisAdmin等が同梱されていないので、必要な物があれば別途ダウンロードすることになります。

Laragonをインストール

ダウンロードしたlaragon-wamp.exeを実行します。

laragon.7zをダウンロードした場合は、インストール先フォルダに解凍します。

オプションの設定画面では、Windowsの起動時にLaragonを実行したくないので、[Run Laragon when Windows starts] のチェックを外します。

Pretty URLsの機能は便利なので、[Auto Virtual hosts] のチェックは付けたままにします。

Notepad++CmderScoopでインストール済みで、同梱の物はコンテキストメニューに登録したくないので、[Quick ways to open Text Editor & Terminal to the Right-Click Menu] のチェックを外します。

Laragonの設定

laragon.exeを実行し、ダッシュボード右上の歯車アイコンをクリックして、設定画面を表示します。

ダッシュボードの [Menu] をクリックするか、ダッシュボード内を右クリックするか、通知領域アイコンを右クリックしてメニューを出し、[Preferences...] をクリックして設定画面を表示することも出来ます。

[General] タブの [Run minimized] にチェックを付けてLaragonの起動時にダッシュボードを最小化し、[Start All automatically] にチェックを付けてLaragonの起動時にサーバーを実行し、[Document Root:] にlocalhostのアドレスでアクセスするフォルダを設定します。

SSLを有効にする場合は、[Services & Ports] の [Enabled] にチェックを付けます。

[Mail Catcher] タブと [Mail Sender] タブの [Enabled] は、代替を使用することにしたのでチェックを外します。

Mail Catcherの代替

PHPからUTF-8の日本語メールを送信してみたら文字化けし、色々試してみたものの改善しないので、sendmail.exeが怪しいと考えて差し替えてみました。

fake sendmail for windowsからダウンロードしたsendmail.zipを解凍し、sendmail.exeをLaragonをインストールしたフォルダ\bin\sendmail\sendmail.exeと差し替えます。

[Mail Sender] タブで設定した [Gmail Password:] はLaragonをインストールしたフォルダ\bin\sendmail\sendmail.iniに暗号化されて保存されますが、差し替えたsendmail.exeでは復号出来ないようなので、auth_passwordを平文に変更します。

; if your smtp server requires authentication, modify the following two lines

auth_username=Gmailのアドレス
auth_password=平文のパスワード

これで文字化けは解消しましたが、Mail Catcherは差し替えたsendmail.exeとは連携出来ないようで、Enabledにしてもポップアップは表示されず、Laragonをインストールしたフォルダ\bin\sendmail\output内にテキストファイルも保存されません。

そこで、Mail CatcherとMail Senderは諦め、MailHogを使うことにしました。

MailHogをダウンロード

Releases · mailhog/MailHog · GitHubからLatest releaseのMailHog_windows_amd64.exeをダウンロードします。

MailHogをインストール

ダウンロードしたMailHog_windows_amd64.exeをMailHog.exeにリネームし、Laragonをインストールしたフォルダ\usr\bin内に配置します。

Laragonのメニューを出して [Laragon] > [Procfile] > [Procfile] をクリックし、起動したNotepad++でProcfileに追記します。

MailHog: MailHog.exe autorun
MailHog Admin: http://localhost:8025 autorun

MailHog: MailHog.exe autorunでLaragonの起動時にMailHogを自動実行し、MailHog Admin: http://localhost:8025 autorunでLaragonの起動時にMailHogのWeb UIを表示します。

MailHog.exeが意図せず終了してしまった場合は [Laragon] > [MailHog - Autorun] をクリック、Web UIを閉じてしまって再表示したい場合は、[Laragon] > [MailHog Admin - Autorun] をクリックします。

PHPの設定

Laragonのメニューを出して [PHP] > [php.ini] をクリックし、起動したNotepad++でphp.iniを編集します。

[Date]
; Defines the default timezone used by the date functions
; http://php.net/date.timezone
date.timezone = "Asia/Tokyo"

[mail function]
; For Win32 only.
; http://php.net/smtp
SMTP = localhost
; http://php.net/smtp-port
smtp_port = 1025

; For Win32 only.
; http://php.net/sendmail-from
;sendmail_from = me@example.com

; For Unix only.  You may supply arguments as well (default: "sendmail -t -i").
; http://php.net/sendmail-path
sendmail_path = "Laragonをインストールしたフォルダ/usr/bin/MailHog.exe sendmail"

[mbstring]
; language for internal character representation.
; This affects mb_send_mail() and mbstring.detect_order.
; http://php.net/mbstring.language
mbstring.language = Japanese

date.timezone = "Asia/Tokyo"でタイムゾーンを日本時間に、smtp_port = 1025でSMTPポート番号を1025に、sendmail_path = "Laragonをインストールしたフォルダ/usr/bin/MailHog.exe sendmail"でMailHog.exeのパスを、mbstring.language = Japaneseのコメントアウトを外してマルチバイト文字列関数のデフォルト言語を日本語に設定しました。

Laragonのパスを登録

PHP等をパスの指定なしで実行出来るよう、Laragonのパスを登録します。

Laragonのメニューを出し、[Tools] > [Path] > [Add Laragon to Path] をクリックします。

[Tools] > [Path] > [Manage Path] をクリックし、パスが登録されていることを確認します。

右上の [Menu] から [Add Laragon to Path] と [Remove Laragon from Path] を行うことも出来ます。

Apacheの別バージョンを追加

Apacheをダウンロード

Apache VC15 binaries and modules downloadから使用したいバージョンのファイルをダウンロードします。

Apacheをインストール

ダウンロードしたファイルを、Laragonをインストールしたフォルダ\bin\apache内にバージョンが判別出来るように圧縮ファイル名(httpd-X.X.XX-winXX-VCXX)でフォルダを作成して解凍します。

Apacheのバージョンを変更

Laragonのメニューを出し、[Apache] > [Version [現在のバージョン]] > [使用したいバージョン] をクリックします。

不要なバージョンをアンインストール

Laragonをインストールしたフォルダ\bin\apache内から不要になったバージョンのフォルダを削除します。

Laragonのパスを再登録

Apacheのパスが変わったので、[Tools] > [Path] > [Remove Laragon from Path] をクリックしてLaragonのパスを削除し、[Tools] > [Path] > [Add Laragon to Path] をクリックしてLaragonのパスを再登録します。

[Tools] > [Path] > [Manage Path] をクリックし、パスの登録状態を確認しながら、右上の [Menu] から行うことも出来ます。

MySQL/MariaDBの別バージョンを追加

MySQL/MariaDBをダウンロード

MySQLはMySQL :: Download MySQL Community Serverから、MariaDBはDownloads - MariaDBから、使用したいバージョンのファイルをダウンロードします。

MySQL/MariaDBをインストール

ダウンロードしたファイルを、Laragonをインストールしたフォルダ\bin\mysql内にバージョンが判別出来るように圧縮ファイル名(mysql-X.X.XX-winxXX/mariadb-XX.X.XX-winxXX)でフォルダを作成して解凍します。

MariaDBの解凍先もMySQLと同じ、Laragonをインストールしたフォルダ\bin\mysql内です。

MySQL/MariaDBのバージョンを変更

Laragonのメニューを出し、[MySQL/MariaDB] > [Version [現在のバージョン]] > [使用したいバージョン] をクリックします。

不要なバージョンをアンインストール

Laragonをインストールしたフォルダ\bin\mysql内から不要になったバージョンのフォルダを削除します。

Laragonのパスを再登録

MySQL/MariaDBのパスが変わったので、[Tools] > [Path] > [Remove Laragon from Path] をクリックしてLaragonのパスを削除し、[Tools] > [Path] > [Add Laragon to Path] をクリックしてLaragonのパスを再登録します。

[Tools] > [Path] > [Manage Path] をクリックし、パスの登録状態を確認しながら、右上の [Menu] から行うことも出来ます。

MySQL/MariaDBのrootパスワードを変更

Laragonのメニューを出し、[MySQL/MariaDB] > [Change root password] をクリックします。

[New Password:] にパスワードを入力し、[OK] をクリックします。

phpMyAdminのインストール

MySQL/MariaDBデータの閲覧や編集にはLaragonに同梱されているHeidiSQLが使えますが、phpMyAdminも使えるようにインストールしておきます。

phpMyAdminをダウンロード

phpMyAdmin - Downloadsから使用したいバージョンのファイルをダウンロードします。

phpMyAdminをインストール

ダウンロードしたファイルを、Laragonをインストールしたフォルダ\etc\apps内にphpMyAdminという名前のフォルダを作成して解凍します。

phpMyAdminの設定

ダッシュボード下の [Database] をクリックするか、Laragonのメニューを出し、[Laragon] > [Database] をクリックするか、[MySQL/MariaDB] > [phpMyAdmin] をクリックするか、http://localhost/phpmyadmin/ にアクセスしてログインすると、「設定ファイルの中に記述されているパスフレーズ(blowfish_secret)が短すぎます。」というエラーが出るので、Laragonをインストールしたフォルダ\etc\apps\phpMyAdmin\config.inc.phpを編集します。

/**
 * This is needed for cookie based authentication to encrypt password in
 * cookie. Needs to be 32 chars long.
 */
$cfg['blowfish_secret'] = 'パスフレーズ'; /* YOU MUST FILL IN THIS FOR COOKIE AUTH! */

$cfg['blowfish_secret'] = 'パスフレーズ';のパスフレーズを32文字以上に変更します。

phpMyAdminからログアウトしてログインし直すと、「phpMyAdmin 環境保管領域が完全に設定されていないため、いくつかの拡張機能が無効になっています。理由についてはこちらをご覧ください。 代わりにデータベースの操作タブを使って設定することもできます。」と警告が出るので、[こちら] をクリックします。

「Create a database named 'phpmyadmin' and setup the phpMyAdmin configuration storage there.」と出るので、[Create] をクリックすると、phpmyadminというデータベースが作成され、設定が行われます。

PHPの別バージョンを追加

PHPをダウンロード

windows.php.net - /downloads/releases/から使用したいバージョンのファイルをダウンロードします。

PHPをインストール

ダウンロードしたファイルを、Laragonをインストールしたフォルダ\bin\php内にバージョンが判別出来るように圧縮ファイル名(php-X.X.XX-Win32-VCXX-xXX)でフォルダを作成して解凍します。

PHPのバージョンを変更

Laragonのメニューを出し、[PHP] > [Version [現在のバージョン]] > [使用したいバージョン] をクリックします。

PHPの設定

[PHP] > [php.ini] をクリックし、起動したNotepad++でphp.iniを編集します。

MailHogのインストールで行ったPHPの設定を再度行います。

不要なバージョンをアンインストール

Laragonをインストールしたフォルダ\bin\php内から不要になったバージョンのフォルダを削除します。

Laragonのパスを再登録

PHPのパスが変わったので、[Tools] > [Path] > [Remove Laragon from Path] をクリックしてLaragonのパスを削除し、[Tools] > [Path] > [Add Laragon to Path] をクリックしてLaragonのパスを再登録します。

[Tools] > [Path] > [Manage Path] をクリックし、パスの登録状態を確認しながら、右上の [Menu] から行うことも出来ます。

Xdebugのインストール

Xdebugをダウンロード

Xdebug: Support; Tailored Installation Instructionsのフォームにphpinfo()の出力内容を貼り付け、[Analyse my phpinfo() output] をクリックします。

環境にあったdllへのダウンロードリンクが表示されるので、リンクをクリックしてダウンロードします。

Xdebugをインストール

ダウンロードしたdllファイルを、Laragonをインストールしたフォルダ\bin\php\バージョン\ext内に配置します。

Laragonのメニューを出し、[PHP] > [Extendions] > [xdebug-バージョン] をクリックしてチェックを付けます。

PHPの設定

[PHP] > [php.ini] をクリックし、起動したNotepad++でphp.iniに追記します。

[XDebug]
xdebug.remote_enable = 1
xdebug.remote_autostart = 1

xdebug.remote_enable = 1でリモートデバッグを有効にし、xdebug.remote_autostart = 1でリモートセッションの自動開始を有効にしました。

Visual Studio Codeの拡張機能をインストール

Visual Studio CodeにPHP Debugをインストールします。

PHP-CS-Fixerのインストール

PHP-CS-Fixerをダウンロード

Releases · FriendsOfPHP/PHP-CS-Fixer · GitHubからLatest releaseのphp-cs-fixer.pharをダウンロードします。

PHP-CS-Fixerをインストール

ダウンロードしたphp-cs-fixer.pharを、Windowsのユーザーフォルダ\.vscode内に配置します。

Visual Studio Codeの拡張機能をインストール

Visual Studio Codeにphp cs fixerをインストールします。

Visual Studio Codeの設定

メニューの [ファイル] > [基本設定] > [設定] をクリックして [Settings] を開き、右上の [{ } 設定(JSON)を開く] をクリックして [User Settings] を開きます。

右側の [ユーザー設定] に追記します。

{
  // Points to the php-cs-fixer exectuable, eg: win: php-cs-fixer.bat, other: php-cs-fixer; or points to php-cs-fixer.phar path, eg: /full/path/of/php-cs-fixer.phar
  "php-cs-fixer.executablePath": "~/.vscode/php-cs-fixer.phar",

  // Execute PHP CS Fixer on save
  "php-cs-fixer.onsave": true
}

"php-cs-fixer.executablePath": "~/.vscode/php-cs-fixer.phar"でPHP-CS-Fixerのインストールパスを設定、"php-cs-fixer.onsave": trueで保存時の自動整形を有効にしました。

The following two tabs change content below.

isonishi

小規模ウェブサイトの制作を請け負うフリーランサーです。今どきのフロントエンドエンジニアより昔ながらのコーダーの方が近いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です