腱鞘炎対策にトラックボール

投稿日:

2ヶ月位前に「朝起きたら右手の感覚がない」という症状で腱鞘炎を疑い、マウスをトラックボールに変更してみました。

腱鞘炎を疑う

目が覚めたら右手首より先が痺れて全く感覚がなく、脳梗塞を疑い症状を検索してみたものの、どうもしっくりこない。

落ち着いて考えてみると、数日前からマウスを長時間使用していたことに思い当り、腱鞘炎の症状を検索してみる。

脳梗塞より腱鞘炎の方が症状が近いと感じ、原因と対策を考える。

原因と対策

使用しているマウスはLogicool G300で、シンメトリーデザインのため手首を捻っている状態。

Logicool G300

マウスパッドはELECOM MP-095BKで、操作面が小さいにも関わらず、細かい操作を重視してボインターの速度を遅くしていたため、マウスを持ち上げる回数が多いことに気付く。

ELECOM MP-095BK

一時しのぎの対策として、マウスを今は亡きSIGMA A.P.O SLATM01RDに変更して手首の捻りを少しだけ軽減し、ボインターの速度を中間に戻して抜本的な対策実行までの時間稼ぎを試みる。

SIGMA A.P.O SLATM01RD

エルゴノミクスマウスを検討

SIGMA A.P.O SLATM01RDでは手首の捻りを少ししか軽減出来ないので、エルゴノミクスマウスへの変更を検討する。

SANWA SUPPLY MA-ERG3のレビューを検索すると、普通のマウスとの違和感に慣れが必要な様子。

SANWA SUPPLY MA-ERG3

どうせ慣れが必要なら、更に捻りの軽減が期待できるSANWA SUPPLY MA-ERG5にしようかと思っていたら、人差し指の第一関節が痛くなってくる。

SANWA SUPPLY MA-ERG5

第一関節の痛みは、以前からマウスの多用時に気になっていたが、今回の痺れが治まってきたところで更に悪化したように感じる。

ドラッグ操作時に力が入り過ぎるのが原因かと思うが、エルゴノミクスマウスでは人差し指の使い方が変わらず症状を解消できないことに気付き、人差し指操作のトラックボールを検討する。

トラックボールを検討

トラックボールと言えばKensington ExpertMouse OpticalBlack (64325)を思い浮かべるが、マウスとの操作感が違い過ぎるので、「やっぱりダメでした」ということになってもダメージが少ないように低価格製品に絞る。

Kensington ExpertMouse OpticalBlack (64325)

まずは、Logicool Trackman Marble TM-150rKensington OrbitTrackball with Scroll Ring (72337)を検討してみる。

Logicool Trackman Marble TM-150r
Kensington OrbitTrackball with Scroll Ring (72337)

どちらも直径40mmの中型ボールで一定の評価があるものの、Logicool Trackman Marble TM-150rはホイールがなく、Kensington OrbitTrackball with Scroll Ring (72337)はボタン数が少ないというデメリットがある。

そこで、直径34mmの小型ボールながら、チルトホイール付きで多ボタンなELECOM DEFT M-DT1URBKのレビューを検索すると、チルトホイールが固く、コンデンサ泣きが気になる様子。

ELECOM DEFT M-DT1URBK

無線版のELECOM DEFT M-DT1DRBKはコンデンサ泣きの報告が見当たらないようなので、バッテリーの空きスペースが振動を増幅しているのかも。

ELECOM DEFT M-DT1DRBK

色々と考えているうちに2ヶ月が経ち、右手の痺れは再発しないものの、人差し指の第一関節は相変わらず痛いままなので、とりあえずELECOM DEFT M-DT1DRBKを買ってみることにしました。

ELECOM DEFT M-DT1DRBKの感想

ELECOM DEFT M-DT1DRBKを使用して5日程度での感想はこんな感じ。

  • 人差し指でのボール操作や親指での左クリック操作は1日で慣れる。
  • ボールサイズは大型どころか中型の使用経験もないので小型でも不満を感じようがない。
  • ホイールは多用するので造りが悪くても有ったほうが良い。
  • チルトとホイールクリックは硬いが多用しないので気にしない。
  • 3つの機能割り当てボタンは位置的に押しにくいので使い道に悩む。
  • のせ心地は手の大きさが180mmだと少し大きく感じる。
  • 分解能は750カウント、エナジーモードはローで十分。

第一関節の痛みも和らぎ今のところは満足しているが、保証期間がKensingtonの5年、Logicoolの3年と比較してELECOMは6ヶ月と短いので耐久性が心配。

The following two tabs change content below.

isonishi

小規模ウェブサイトの制作を請け負うフリーランサーです。職種はフロントエンドエンジニアが近いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です